Professional Education

生き残るために

競争社会で生き残るために

TOEIC対策を行ってハイスコアを出すと、履歴書にも書くことができるので就職や転職をする際に自分の能力をアピールする事ができるようになります。経済のグローバル化に伴い、海外進出をする企業は増加する一方で、それに伴い海外駐在を行う人の数も増加しています。一昔前までは駐在員は大企業のごく一部の限られた人だけが行う物でしたが、今では中小企業でも海外赴任を命じられる可能性があるのです。競争社会の中で優位に立つ為にも、TOEIC対策を行ってスキルアップを行う様にしなければ生き残ることはできません。このような観点からもTOEIC対策はビジネスマンとして必要最低限のスキルとなりつつあるので、誰もが英語を身に付ける必要が出ています。

基本を習得する事が重要

長年英語学習から離れていた人にとってはTOEIC対策は大きな壁となって目の前に立ちはだかる存在かもしれません。なぜなら、ToEICに出題される内容はセンター試験レベル以上の文法問題が出題されるからです。長文読解はボキャブラリを増やすことによって、どうにか乗り越えることはできますが、文法問題は知識がなければ対処する事ができません。記述試験の中でも文法問題の割合はかなり高くなっているので、対策を行わなければハイスコアを出すことは不可能です。この意味において、長年英語学習から離れていた人にとっては不利な条件となってしまいます。まずは中学レベルの英文法をマスターし、品詞や5文型を正しく理解する事が重要になります。