Professional Education

日常会話が英語

フィリピンが語学留学先として人気

最近語学留学先として人気なのがフィリピンです。その理由はいろいろです。まずはフィリピンでは英語が日常会話として話されることがあるのです。フィリピンで英語というのは第二外国語ということで、母国語はタガログ語なのですが、英語も日常的に使われていて、国民は英語でもタガログ語でも同じようなレベルで話が出来るといった状態です。そして物価が安いので語学留学の費用が他の語学留学先と比較して安くなるといったことも魅力的です。さらには費用が安く出来ることで、同じ費用でも高いレベルの授業を講習できるといったことも魅力です。個別レッスンが出来たりするのもフィリピンならではです。こういた魅力があるので、語学留学先としてフィリピンを選ぶ人が増えているのです。

外国人を歓迎する風土も魅力的

フィリピンは治安も悪くはないですし、外国人を歓迎する風土といったものもあるので、そういったところも魅力的です。それは第二外国語である英語が日常的に話されていることからもわかることです。かなり開放的な風土があるので、英語を習得するにはかなりいい環境であることに間違いはないのです。英語の発音も聞き取りやすくて、標準といわれるものに最も近いともいわれることもあるのです。これは英語は第二外国語として習うことで見に着けるので、なまったりすることが少ないのです。そういったところも魅力的です。同じ英語を身につけるのであれば、出来るだけ標準的な方がいいでしょう。そういったこともあってフィリピンが語学留学先として人気となっているのです。